会長挨拶

日本産業経済学会会長 有馬 賢治

日本産業経済学会へのご関心・ご理解を賜りまして誠にありがとうございます。
本学会は、1973(昭和48)年9月に名古屋で設立され、中部・東海地域を中心に活動がなされてきました「中部産業経済学会」を前身としております。この期間での代表的な研究成果は、①会員10名の共著による『東海の中小小売業問題‐近代化への胎動と課題』昭森社、1985(昭和60)年5月刊、②会員8名の共著による『円高デフレ下の東海経済‐その沿革と実態と課題』中部産業経済学会編、1987(昭和62)年9月刊があります。

その後、会員が全国に広がり活動の場が中部・東海地域を超えて全国的規模となったため、創立20周年を契機といたしまして1993(平成5)年4月に「日本産業経済学会」と名称変更されました。会の名称変更に伴い、2001(平成3)年より発刊しました学会誌『産業経済研究』は、ISSN(International Standard Serial Number:国際標準逐次刊行物番号)を取得しています。現在では、査読付き論文集として所属会員による研究発表の場となっております。

本学会は、2010(平成22)年7月には日本学術会議協力学術研究団体に認められ、また2015年11月には経営関連学会協議会への所属が認められました。
経済学・産業論・経営学・商学・会計学・法学・情報論等、本学会の研究者は産業・経済の社会現象を解明し、質の高い考察を行い、産業・経済社会に貢献することをめざしています。
研究部会・全国大会は、研究者相互の研究に関する様々な意見を交換し、研究・教育における情報を提供・共有しあう場として活用されており、これまでに多くの人材が全国の大学及び研究・教育機関に着任してきたという実績があります。現在の会員数は150名を超える規模に至っております。

2016(平成28)年度以降の活動の要点は2点あります。①一層活発な研究活動を通じ、会員数の増加を図ること、②地域貢献のための学術交流の促進に着手すること、であります。

本学会は、学術研究の場として切磋琢磨の研究活動にご賛同いただける研究者・実務家の入会を促進し、さらに質の高い学会となるべく運営を力強く進めてまいります。本学会の趣旨にご賛同いただける先生方の入会をお待ちしております。また、学会内外における関係者の皆様におかれましては、本学会へのご理解とご協力を引き続きお願い申し上げる次第でございます。

2016(平成28)年 4月1日